【2023年版】コスパ最強なおすすめAndroidスマートフォン!ハイエンド〜ミドルレンジモデル〜エントリーまで!

本記事のリンクはアフィリエイト広告を利用しています。
おすすめのAndroidスマートフォン

1万円台の低価格なものから15万円を超えるプレミアムな価格帯まで幅広いラインナップが用意されているのがAndroidスマートフォンの魅力です。

しかし、その一方でいろんな機種がありすぎてスマホ選びに苦労するのも事実です。

そこで本日は、そろそろスマホを替えたいけど”どの機種を選べば良いかわからない”、そんな方のために毎月スマートフォンを購入する生粋のスマホオタクである筆者がコスパ最強なおすすめAndroidスマートフォンをご紹介します。

本記事は新しい機種が登場するたびに定期的に更新しています。

しみたく

ガジェットブロガーのしみたくです!Twitterやってます!


ジャンプできる目次

Androidスマートフォンの選び方

スマートフォンのモデル分け

スマートフォンは大きく分けて4つのモデルに分けられています。

  1. エントリーモデル:約3万円未満
  2. ミドルレンジモデル:約3.0万円〜約6.0万円
  3. ハイエンドモデル:約6万円〜10万円前半
  4. プレミアムハイエンド:10万円後半

約5万円〜約7万円の価格帯をミドルハイレンジと呼びますが、ここではミドルレンジとハイエンドに分類しています。

分かりやすく金額を記載しましたが、明確な定義はなく通例ではSoCの処理性能で分類分けされます。

そのため、処理性能に直結するため、より高いモデルほど快適に操作できます。

また、10万円後半の価格帯のスマートフォンはプレミアムハイエンドと呼ばれており、SoCの処理性能はハイエンドと同等ですがカメラやディスプレイなどハードウェア性能が非常に高く、その名の通りプレミアムなモデルとなります。

エントリーモデルとは

エントリーモデルとは、その名の通りエントリー(入り口)という意味で、スマートフォンの初心者向けに用意されているモデルです。

エントリーモデルの特徴は性能よりも価格を優先している点です。

スマートフォンはLINEやちょっとしたWEBブラウジングしか使わないからスマホにお金をかけたくない人向けのモデルです。

エントリーモデルの1例

  1. Redmi 9T
  2. Redmi Note9T
  3. OPPO A73
  4. OPPO A54 5G
  5. Xperia Ace Ⅱ
  6. Galaxy A21
  7. Galaxy A325G
あわせて読みたい
Galaxy A32 5Gの実機レビュー|化け物クラスの電池持ち!カメラも意外とイケるコスパの良いエントリーモ... Galaxy A32 5GはGalaxyスマートフォンのミドルレンジに位置するモデルで、31,900円という安さで5Gに対応しています。 国内ではKDDIのみの独占販売となっており、安価に...
あわせて読みたい
Redmi Note 9Tの実機レビュー|期待し過ぎは禁物だが、確かにコスパは優秀な1台! Redmi Note 9Tは21,600円という低価格ならが5Gに対応した今季注目のモデルです。ソフトバンクからの独占販売となっており、乗り換えなら1円から購入できちゃいます。 ...

ミドルレンジモデルとは

ミドルレンジモデルとは、エントリーモデルと最上位に当たるハイエンドモデルの中間(ミドル)にあたるモデルです。

2019年後半からコストパフォーマンスに優れたモデルを多く製造している中国メーカーが日本へと上陸し、価格に対しての性能が飛躍的に向上しています。

ミドルレンジモデルは価格と性能を両立させたモデルとなっており、高負荷のかかるゲームや先進的なカメラ体験を求めないが、動作面はサクサク快適に使いたい人向けのモデルです。

ミドルレンジモデルの1例

  1. Redmi Note11 Pro
  2. Xiaomi11T
  3. Google Pixel 6a
  4. OPPO Reno 7 A
  5. Xperia 10 Ⅳ
  6. AQUOS sense7
あわせて読みたい
AQUOS sense7のレビュー|カメラが凄い!!でも惜しい・・ただ、電池持ちは最高だ! AQUOS sense7はAQUOSの2022年のミドルレンジモデルです。 ミドルレンジながらハイエンドモデルに匹敵するイメージセンサーを搭載することで、同価格帯の機種よりもカメ...
あわせて読みたい
Xiaomi 11Tの実機レビュー!基本性能は優れたコスパ重視モデル!でも大事な物がない・・ Xiaomi 11Tは中国Xiaomiがつくった高性能ながら価格を抑えたコストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。 Xiaomiは日本でも急速にシェアを拡大しており、これまで...
あわせて読みたい
Xperia 10 iiの実機レビュー|電池持ちは優秀!多少のもっさり感は気になるが魅力ある1台! Xperia 10 iiはNTTドコモ、KDDI、Y!mobileから発売されるXperiaのミドルレンジモデルです。前作Xperia 10から確実なスペックアップでコストパフォーマンスが注目されて...

ハイエンドモデルとは

ハイエンドモデルは最上位のSoCを搭載する快適な処理性能を誇るモデルです。

価格は10万円前後のモデルが多く、価格は高いけれど万人が満足できる完成度のスマートフォンが多いです。

ハイエンドモデルの1例

  1. Galaxy S23/S23+
  2. Pixel7/7 Pro
  3. Xperia 5 Ⅳ
  4. AQUOS R7
  5. iPhone14/14mini
  6. Zenfone9
あわせて読みたい
Zenfone9のレビュー|小さいくせに力持ち!電池持ちも最強なんてすごいなZenfone! ASUSの2022年モデルとしてZenfone 9が発売されました。 コンパクトでシックな雰囲気のカラーが施された本体に、最新のチップセットを搭載した正真正銘のハイエンドモデ...
あわせて読みたい
Xperia 5 ⅲの実機レビュー!ロマンは削りつつ魅力は残した万人にオススメしやすいコンパクトXperia Xperia1シリーズの良いところをコンパクトに凝縮したのがXperia 5シリーズです。 Xperia 1 ⅲのカメラ性能やCPU、ソフトウェア周りはそのままにオーバースペックな部分を...
あわせて読みたい
OPPO Find X3 Proの実機レビュー!まさに未知との遭遇!?顕微鏡に10億色表示で独創性が光る! OPPO Find X3 ProはOPPOの2021年のフラッグシップモデルです。 独特なデザインに顕微鏡という新しいアプローチが面白く、日本ではキャリアおよびSIMフリーモデルが投入...
あわせて読みたい
Galaxy S22 Ultraの実機レビュー!これはもはや、生まれ変わったGalaxy Noteだ! Galaxyの2022年フラッグシップモデルであるGalaxy S22 Ultraが発売されました。 Sペン対応でNoteシリーズとしての位置づけの色が濃くなったGalaxy S22 Ultraですが、実...

プレミアムハイエンドとは

プレミアムハイエンドとはハイエンドよりも更に高価格なモデルで、スマートフォンメーカーの最上位モデルに多く存在します。

SoCの処理性能はもちろん、カメラ性能、ディスプレイ、充電能力など全方位的に妥協のないモデルや、フォルダブルやカメラ特化など先進的な技術を盛り込み独自性を追求したモデルの多くがプレミアムハイエンドにあたります。

プレミアムハイエンドモデルの1例

  1. Galaxy S23 Ultra
  2. Galaxy Z Fold4
  3. Xperia 1 Ⅳ
  4. Leitz Phone2
  5. iPhone14 Pro/Pro Max
あわせて読みたい
Galaxy Z Fold4のレビュー!スマホでもありタブレットでもある両刀使いの便利さにハマる1台 Galaxyの横折フォルダブルスマートフォンの最新作がGalaxy Z Fold4です。 通常時は6.2インチ、開くと7.6インチのミニタブレット級の2画面を搭載した変態端末です。 まだ...
あわせて読みたい
Galaxy S21 Ultraの実機レビュー|10倍望遠が驚異的!弱点は充電周りだけでバランス良すぎるぞ! Galaxy S21シリーズはS20シリーズと同様にS21/S21+/S21 Ultraの3ラインナップ構成となっており、Galaxy S21 Ultraは最上位モデルの位置付けとなっています。 今回はGal...
あわせて読みたい
Xperia 1 IIIの実機レビュー|可変望遠とPhoto Pro統合でカメラが楽しい!電池持ちと発熱が酷くアプデに期待 Xperia 1 IIIはSONYの2021年フラッグシップモデルで可変望遠レンズに4K120Hzリフレッシュレート対応のディスプレイなどかなりのハイスペックとなっています。 3キャリ...

スマートフォンはどうやって選べばよいのか?

たまに「おすすめのスマホを教えて」と聞かれることがあります。

私は次の4点を明確に考えることをオススメしています。

  1. 予算
  2. カメラ性能
  3. 外せない機能
  4. 好きなメーカー・ブランド

まず予算は大事です。お金がなければスマホは買えないので、どれぐらいの予算を用意できるのかを考えましょう。

次にカメラ性能ですが、スマートフォンは価格が上がるについてカメラ性能が向上します。スマホカメラでそこそこ写真を撮る人は最低でもミドルレンジ、欲を言えばハイエンドモデルの購入をオススメします。

特にハイエンドモデルになると、夜景性能や動画性能、自然なボケ感などがミドルレンジと比べるぐっと良くなります。

外せない機能というのは、”これだけは絶対欲しい”という機能のことです。おサイフケータイや防水、ワイヤレス充電、望遠カメラなどスマホ選びの際にマストで欲しい機能の事です。

ハイエンドモデルは大体の機能を網羅していますが、ミドルレンジは価格を抑えるために機能が削られています。買った後に後悔しないためにも事前にしっかりと下調べすることを推奨します。

好きなメーカー・ブランドはスマホを購入する上でも重要な要素です。

はっきり言って、今のスマートフォンは昔ほど地雷機種はありません。

「私はSONYが好きだからXperiaを選ぶ」、「今の機種がPixelで、とても気に入っているから次もPixelを選ぶ」

それが結果的に所有欲を満たしてくれるのであれば、好きなブランドと言う観点でスマートフォンを選ぶことはなんら間違った選択ではないと思います。

【適宜更新】2023年版コスパ最強なおすすめAndroidスマートフォン

ハイエンドモデル編

Samsung Galaxy S23

Androidのハイエンドスマートフォンで最も万人におすすめしやすいのがGalaxy S23です。

ハイエンドモデルとしてはコンパクトな筐体に高い処理性能や繊細なディスプレイがバランス良く詰め込まれています。

Galaxyが搭載しているONE UIはユーザーの声をしっかりと拾っており、Galaxyだからこその使いやすさがしっかり詰まっています。

これまで弱点であった電池持ちも最新のSnapdragon 8 Gen 2搭載とソフトウェアの改善により大幅向上し完成度が高いです。

おすすめポイント

  1. 全方位的にバランスが良い
  2. ハイエンドながらコンパクトで持ちやすい
  3. ONE UIが使いやすい
あわせて読みたい
Galaxy S23の実機レビュー|弱点だった電池持ちが改善!本当のコンパクトハイエンドはこれだ! 今回はサムスンの最新コンパクトハイエンドスマホGalaxy S23をレビューしていきます。 最新のSoCであるSnapdragon 8Gen2搭載で省電力性能が高いという話を聞いたので、...

Google Pixel7 Pro

Pixel7 ProはGoogleの2022年のフラッグシップモデルです。

独自プロセッサー「Tensor」は第2世代のG2に強化され、AIをより強化しつつ、前モデルの弱点をしっかりと潰してきた正当進化モデルです。

昨今の端末価格の高騰や円安による値上げがありつつも、このスペックを124,800円で発売するGoogleの本気度が伺える機種です。

おすすめポイント

  1. カメラ性能が超優秀
  2. ボケ補正などAI機能が更に強化
  3. 電池持ちが大幅改善
  4. 価格は124,800円〜
あわせて読みたい
Pixel7 Proの実機レビュー|とりあえずコレ買っときゃ間違いない1台 Googleの最新スマートフォン「Pixel7 Pro/Pixel7」が発売されました。 予約開始直後に購入し、無事発売日に購入することができ早3週間近く使っています。 前作のPixel6 ...
あわせて読みたい
Pixel 6 Proの実機レビュー|簡単にいい写真が撮れるスマホカメラの理想形!電池持ちのみが唯一の弱点 Google Pxiel 6 Proは2021年のGoogle Pixelシリーズ待望のフラッグシップモデルで、独自SoCのTensorや刷新されたデザイン、大幅強化されたカメラなど今季大注目のハイエ...

Nothing Phone(2)

背面のLEDと斬新なデザインが特徴的なNothing Phone(2)です。

Glyphs インターフェースと呼ばれる背面LEDとNothing UIのデザインセンスが素晴らしいだけでなく、中身はしっかりとしたハイエンドスマートフォンとなっています。

SoCは一世代型落ちのSnapdragon 8+ Gen1ですが処理性能は申し分なく、動作はサクサク、電池持ちも優秀な上に最安モデルは79,800円という安さが魅力の1台です。

おすすめポイント

  1. 異彩を放つ斬新なデザイン
  2. Snapdragon8+ Gen1による強力なパフォーマンス
  3. 優秀なバッテリー持ち
  4. 価格は79,800円〜
created by Rinker
ナッシング(Nothing)
¥96,776 (2024/05/18 00:49:20時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
Nothing Phone(2)を”買い”と思える理由と実際に使ってわかった惜しいポイント すっかり成熟してしまったスマートフォン市場ですが、その中でも頭角を現しているのがロンドンを拠点とするNothing Technologyです。 昨年Nothing Phone(1)を皮切りにス...

ASUS Zenfone 9

ASUS Zenfone 9

Zenfone9はASUSのハイエンドモデルです。

片手にすっぽりと収まるサイズ感ながら、4300mAhの大型バッテリーと独自の省エネ技術により、コンパクトモデルながら抜群に電池持ちが良いコンパクトハイエンドモデルの決定版です。

カメラ性能は他のフラッグシップモデルに比べて抜きん出たものではありませんが、写実性の高い安定した写真が撮れます。

搭載しているZen UIがカスタマイズの幅が広く使っていて楽しいAndroidスマートフォンです。価格が最小構成であれば10万円を切っているため非常に手の出しやすいハイエンドモデルです。

カラーリングの渋さも注目ポイントです。

おすすめポイント

  1. コンパクトかつ優秀な電池持ち
  2. 写実性の高い安定したカメラ
  3. カスタマイズ豊富で使いやすいZenUI搭載
  4. 価格は99,800円〜
あわせて読みたい
Zenfone9のレビュー|小さいくせに力持ち!電池持ちも最強なんてすごいなZenfone! ASUSの2022年モデルとしてZenfone 9が発売されました。 コンパクトでシックな雰囲気のカラーが施された本体に、最新のチップセットを搭載した正真正銘のハイエンドモデ...

ミドルレンジモデル編

Google Pixel 7a

Google Pixel 7a

Google Pixel 6aはGoogleの2023年のミドルレンジモデルです。

廉価モデルという位置づけのため、カメラ性能やディスプレイ性能は一部スペックダウンしていますが、心臓部分に当たるSoCには上位モデルと同じTensorを搭載することで他のミドレンジとは一線を画する処理性能となっています。

前作であるPixel 6aからカメラ性能を進化さえ一段とコストパフォーマンスが高くなりました。

正直な話、ミドルレンジモデルで迷ったらこれを買えば失敗しません。

おすすめポイント

  1. 上位モデルと同じSoCを搭載
  2. おサイフケータイ・防水防塵対応
  3. 小型軽量化で扱いやすいサイズ感
  4. 価格は62,700円
あわせて読みたい
Pixel 7aの実機レビュー|コスパを求める人の最適解!カメラ強化+Tensor G2搭載で更に使いやすく! Google Pixel 7aが発売となりました。前作のPixel6aに続き、SoCは上位モデルと同じものを採用しつつ、カメラ性能も強化された今年一番の注目モデルです。 Pixel 6aは素...

Xiaomi 11T

image:Xiaomi

Xiaomi11Tは2022年に発売された日本国内向けのミドルハイレンジスマートフォンです。

54,800円という価格ながら、高性能なDimensity 1200 Ultraを搭載し、1億画素のトリプルレンズカメラを搭載するなど全体的にハイスペックに仕上がっています。

おサイフケータイや防水非対応である点が残念ですが、基本性能の高いハイコスパなスマートフォンです。

おすすめポイント

  1. ミドルレンジながら処理性能の高いSoCを搭載
  2. 1億画素のトリプルレンズカメラ
  3. 67Wのハイスピード充電
  4. 価格は54,800円
created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥57,980 (2024/05/18 01:48:10時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
Xiaomi 11Tの実機レビュー!基本性能は優れたコスパ重視モデル!でも大事な物がない・・ Xiaomi 11Tは中国Xiaomiがつくった高性能ながら価格を抑えたコストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。 Xiaomiは日本でも急速にシェアを拡大しており、これまで...

OPPO Reno7 A

OPPO Reno7 A
image:oppo

OPPO Reno7 Aは2022年のOPPOの人気ミドルレンジモデルです。最新はReno 9Aです。

OPPO Reno Aシリーズはコストの抑え方が上手く、必要なところにしっかりとコストをかけて丁寧に作られています。

OPPO Glowと呼ばれている特徴的かつスタイリッシュなデザインが所有欲を満たしてくれます。

OPPO特有のSNS映えしやすいカメラにおサイフケータイ、防水防塵(IP68)対応、イヤホンジャック搭載と日本人が求めるポイントがしっかり抑えられています。

未だにOPPO Reno 7Aをおすすめする理由は、最新のOPPO Reno 9Aはほぼ中身がReno 7Aと変わらず、Reno 7Aの値段が下がって買いやすくなったからです。

Reno 9Aを購入する理由はほぼないのでお得になったReno 7Aを狙いましょう。

おすすめポイント

  1. 独自加工『OPPO Glow』
  2. おサイフケータイ対応
  3. 最高レベルの防水防塵性能
  4. 超薄型・軽量な本体
  5. 3年間使えるシステム劣化防止機能
  6. 価格は44,800円
created by Rinker
OPPO
¥26,800 (2024/05/18 01:48:11時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
OPPO Reno7 Aのレビュー|背面がオシャレ!バランス重視の万人受けスマホここに誕生! 2021年の人気モデル”OPPO Reno5 A”の後継機種にあたる”OPPO Reno7 A”が発表されました。 OPPO Renoシリーズはおサイフケータイや防水などの日本人向けのカスタマイズが...

motorola edge40

motorola edge40

motorola edge40は薄型・軽量ながらパワフルな処理性能を詰め込んだmotorolaのミドルレンジモデルです。

MediaTek Dimensity 8020 チップセットを採用することで中途半端なSnapdragon 695ばかりを採用する2023年モデルの中では注目のモデルです。

サクサク動作に5,000万画素のデュアルレンズカメラを備えています。

144HzリフレッシュレートやTurboPower™ 68Wによる高速充電などのmotorolaらしい魅力もしっかりと備えつつ、致命的な欠点のないオススメしやすいミドルレンジモデルです。

おすすめポイント

  1. 6.7インチの大画面ながら超薄型・軽量ボディ
  2. Dimensity 8020によるパワフルな処理性能
  3. 最大144Hz対応の美しいディスプレイ
  4. 価格は64,800円
created by Rinker
Motorola(モトローラ)
¥56,800 (2024/05/18 02:40:21時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
Motorola edge 40を実機レビュー!薄型軽量なハイスペミドルレンジ Google Pixel一強のミドルレンジスマホ市場に突如現れたダークホース、Motorola edge 40のルナブルーをレビューしていきます。 薄型軽量大画面ボディ、高性能、防水防塵...

エントリーモデル編

エントリーモデルのオススメをご紹介する前に、前提として私はエントリーモデルのAndroidスマートフォンは基本的にオススメしません。

理由は1つで、「性能が低いため長く使えないから」です。

エントリーモデルを購入する人はそもそもスマートフォンの利用頻度が低い人です。利用頻度が低いためなるべく価格を抑えたいという思いで価格の安いエントリーモデルを選ぶんだと思います。

しかし、エントリーモデルは性能が低いため、スマートフォンとして長く使うのは難しいと考えます。そのため買い替えサイクルが短くなり結局新しいスマートフォンを買うことになるため、エントリーモデルよりは少しお金を出してミドルレンジを購入することを推奨します。

Redmi Note 11

Redmi Note 11

エントリーモデルで高いコストパフォーマンスを誇るのが中国Xiaomiが発売しているRedmi Note11です。

SoCはSnapdragon680を採用し、普段使いであれば特に不満のない操作性を実現しつつ、5000mAhの大容量バッテリー、90Hzのリフレッシュレート対応などミドルレンジ相当のスペックを搭載しています。

2万円台から購入できるため、スマートフォンには極力お金をかけたくない方にはおすすめのモデルです。

おすすめポイント

  1. エントリーモデルながらミドルレンジに迫る処理性能
  2. 最大5000万画素のクアッドカメラ
  3. 超優秀な電池持ち
  4. 90Hzリフレッシュレート対応
  5. 2万円台から購入可能
created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥28,500 (2024/05/18 01:49:22時点 Amazon調べ-詳細)

OPPO A54

image:oppo

エントリーモデルでオススメするならOPPOの5G対応のエントリーモデルOPPO A54 5Gです。

OPPO A54 5Gはエントリーモデルなので全体的なスペックは控えめですが、SoCに”Snapdragon480”を搭載しており、処理性能が従来の4xxシリーズと比較して大幅に向上しています。

ベンチマークテストではミドルレンジ機に匹敵する処理能力を発揮しており、動作面はストレスなく快適に使うことができます。

エントリーモデルはカメラ性能が低いモデルが多いですが、OPPO A54 5GはSNS映えする良い写真を撮ることができます。

おサイフケータイや防水防塵に非対応である点を除けば非常に完成度の高いエントリーモデルです。

おすすめポイント

  1. エントリーモデルながらミドルレンジに迫る処理性能
  2. しっかり撮れるクアッドカメラ
  3. 優秀な電池持ち
  4. 90Hzリフレッシュレート対応
  5. 1万円台から購入可能
created by Rinker
OPPO
¥27,700 (2024/05/18 01:49:23時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
OPPO A54の実機レビュー|デメリットの少ないオススメしやすいエントリー5Gモデル! OPPOスマートフォンを販売するオウガ・ジャパンは数多くのスマートフォンがラインナップされています。 ミドルレンジの中でもハイグレードなOPPO Reno5 A、5Gは非対応...
あわせて読みたい
UQモバイルでOPPO A54を安く買う方法!本体価格や維持費を徹底解説 OPPO A54は低価格ながら5Gに対応した今季注目のエントリーモデルのスマートフォンです。 エントリーモデルとしては強力なSoCや十分なカメラ性能を有しており、最低限+...

【2023年版】コスパ最強なおすすめAndroidスマートフォン まとめ

モデル別でコスパ最強なおすすめAndroidスマートフォンをご紹介しました。

Androidスマートフォンは沢山のモデルが投入されているため、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そんなときに本記事を参考になれば嬉しいです。

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
ドコモのiPhone12を回線契約なしで2年間23円で使える上に8000円分のキャッシュバックまで貰ってきた話 2022年に入っていから近年稀にみる盛り上がりを見せている携帯電話市場です。 2年間実質24円で10万円近いiPhoneや最新のXperiaが使えるのだから盛り上がらない訳があり...
LINEMOのキャンペーンが過去最高にオトク!
おすすめのAndroidスマートフォン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。愛用:Galaxy S23 Ultra サブ:iPhone14 Pro 年間200万円近くをAmazonや楽天で散財するガジェットブロガーの鑑です。スマホをメインに様々なガジェット情報をお届け!Twitter@Gadget_Simitaku、Instagram@shimitaku.gdやってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次